丹波市の歯医者 あせい歯科

親知らずの抜歯OPE

親知らずとは

親知らず

親知らずとは、一般的に17~30歳頃に生えてくる前歯から数えて8番目の歯のことをいいます。

永久歯の中で一番最後に生えてくるためスペースがなく、横や斜めに傾いたり、骨の中に埋まったまま生えてこない場合があります。

このような親知らずは腫れたり隣の歯まで虫歯になることが多く、トラブルの原因になりがちですので、抜歯した方が良いでしょう。

現在、第4土曜日の14:30~のみ社団法人日本口腔外科学会専門医の板東泰博先生(三田市ばんどう歯科)が当院で診療するか、兵庫県立丹波医療センター歯科口腔外科にご紹介いたしております。

親知らずの症例

症例①

親知らずがきれいに生えています。
十分手入れができるので、抜歯する必要がない症例です。

親知らずの抜歯が必要ない症例

症例②

上の親知らずはスペース不足、下の親知らずは水平になっています。
1本手前の歯との間に食べかすが残り、虫歯になりやすいため抜歯した方がよいと思われる症例です。

親知らずの抜歯が必要な症例

症例③

全ての親知らずの生えるスペースが不足している症例です。
抜歯した方がよいと思われます。

親知らずの抜歯が必要な症例
ページトップへ