丹波市の歯医者 あせい歯科

インプラントIMPLANT

インプラント治療とは

インプラント

インプラント治療とは、歯が失われてしまった部分に人工の歯を埋入する治療のことです。

人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。

入れ歯やブリッジと異なり隣の歯を削って負担をかけることもありませんし、自分の歯と同じような感覚で、強い力で違和感なく噛むことができるようになります。

また、下顎の総入れ歯が不安定で動いてしまう方や、上顎の総入れ歯で口蓋が無いものを使用される場合などには、インプラントによって入れ歯を固定する方法も有効です。

インプラント治療の流れ

1. 事前検査と治療計画

インプラント治療を始める前には、慎重な事前検査が必要になります。

レントゲン撮影・口腔内模型検査などによる十分な検査を行い、綿密な治療計画を立てます。

患者様の同意を得てから手術の日程を決めます。

内科的な問題のある方は主治医に対診させていただきます。

2. 治療開始

お口の中が清潔で炎症のない状態であることを確認したうえで、治療を開始します。

あらかじめ除菌治療が必要な場合もございます。

サンプル画像 サンプル画像
サンプル画像 サンプル画像

局部麻酔を行ったあと、顎の骨にインプラントを埋め込みます。
このインプラントが新しい歯の土台となります。

手術後は、インプラントと骨が結合するまで待ちます。

様々な条件によって期間が異なりますが、3ヶ月が目安となります。

3. 人工の歯を装着する準備

インプラントが顎の骨と結合したら、インプラントの上にアバットメントを連結して人工の歯(上部構造)を装着する準備をします。

4. 人工の歯を装着

インプラントのヘッドに人工の歯(上部構造)を装着します。
これでインプラントを装着する治療が終わります。

5. メンテナンス(検診)

インプラントを装着した後、インプラントを長持ちさせるため、メンテナンス(検診)に定期的に通っていただく必要があります。

インプラントを点検したり、噛み合わせの調整も必要になります。

また、インプラントはむし歯にはなりませんが、メンテナンスを十分に行わないとインプラント周囲炎にかかることがあります。

当院では歯科博士号取得、社団法人日本口腔外科専門医の板東泰博先生が行います。ただし、上顎の困難な症例は三田のばんどう歯科のインプラントオペ室で行います。

ページトップへ