丹波市の歯医者 あせい歯科

審美的治療AESTHETIC

審美的治療とは?

審美的治療

通常の歯科治療よりもより見た目の改善を重視される患者さまにお勧めするのが審美的治療です。

当院ではこんなご希望の患者さまが来院されています

  • 何年か前に詰めた銀歯を白くしたい
  • 歯と歯ぐきの間の黒い部分をキレイにしたい
  • 前歯の形や色、向きが気になる
  • 全体的に歯を白くしたい
  • 1本だけ色の違う歯が気になる

被せ物の材質の比較

セラミック

見た目の改善を重視する審美的治療では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。

セラミックの被せ物には、大きく2つのタイプがあります。

項目 メタルボンド ジルコニアセラミックス
イメージ メタルボンド ジルコニアセラミックス
材料 専用金属にセラミックを
焼き付けたもの
すべてセラミック
白さが天然歯に近い 白さ・透明感が天然歯に近い
強度 強度にすぐれている 金属と同レベルの強度
耐久性 磨耗しにくく耐久性に優れている 磨耗しにくく耐久性に優れている
その他 金属の裏打ちのため
ジルコニアセラミックに比べると
透明感がでにくい
生体親和性が高く
歯肉との調和に優れている。
金属アレルギーのリスクが無い

メタルボンド冠

崩壊している歯も綺麗になります。

セラミック冠をかぶせることで歯の形を整えることが可能です。

写真は歯周病で歯が動揺しているため、歯の固定も同時に行っています。

メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます)。

ジルコニアセラミック冠(ファイバーコア装着)

ファイバーコア(ファイバーポスト&レジンコア)とは、FRC(ガラス繊維強化樹脂)という支柱(ポスト)を入れることによって、レジンコアの強度を改善する目的で開発された土台(コア)です。それに被せる歯の部分は、ジルコニアフレームのジルコニアセラミッククラウンです。

従来の陶材焼付冠では、内面が金属のフレームのために、なかなか自然な透明感のある歯の色調を再現しきれませんでした。

また、これに使用する金属は酸化メタルという状態で用いられているために、歯や歯茎を変色させてしまうケースもありました。

このような強度の確保と審美性、適合性の追求といった条件をクリアーしたのが、ジルコニア(酸化ジルコニウム)と呼ばれる材料とこれを扱う技術です。

ジルコニアはそれ自体が天然歯質に近い色調をしており、天然歯と同様にある程度は光を透過させますので、より自然で美しい歯の色調を再現できるようになりました。

どちらも光透過性があるため、天然歯に近い透明感のある美しさを再現できます。

前歯のかぶせ物の種類を選びましょう

治療法は次のような物があります。

  メタルボンド ジルコニアセラミック プラスチック前装冠

写真

特長 歯への負担をできるだけおさえて
自然にみせたい!
方におすすめ
一番自然に見える方法 健康保険が適用できる
利点
  • 白くて自然・ほとんど変色しない
  • 2本以上の固定歯可能
  • 歯垢がつきにくい
  • 自然で透明感のある白い歯
  • 歯がほとんど変色しない
  • 金属アレルギーにならない
  • 歯垢がつきにくい
  • 保険適用
  • 2本以上の固定歯可能
欠点 強い衝撃で割れることがある
  • 強い衝撃で割れることがある
  • 歯を削る量が多い場合がある
  • 多数歯の固定歯不可能
  • 数か月~数年で黄色く変色する
  • 歯垢がつきやすい
  • 金属アレルギーになる可能性がある
お勧めできない方
  • 歯の状態があまりよくない方
  • 金属アレルギーの方
歯の状態があまりよくない方
  • 自然に見せたい方
  • 長期間白さを保ちたい方
  • 金属アレルギーの方
料金(税込) ¥81,000
(形成・仮歯・印象・SET含む)
¥81,000
(形成・仮歯・印象・SET含む)
1252点
歯の土台を
選択できます
種類 ファイバーコア メタルコア
特長 衝撃を和らげ、歯の根が破折しにくい ファイバーコアと比べると
歯の根が破折する可能性が高い
料金
(税込)
¥21,600
(印象・SET含む)

PDFで詳しくみる

臼歯のかぶせ物の種類を選びましょう

治療法は次のような物があります。

  メタルボンド ゴールド 前装冠 金銀パラジウム

写真

特長 白くて自然にみせたい!
方におすすめ
歯にとって一番良い方法 目立つ部分だけ白く
見せたい
方におすすめ
健康保険が適用できる
利点
  • 白くて自然・ほとんど変色しない
  • 裏側に金属使用の為ある程度耐久性あり
  • 歯垢がつきにくい
  • 歯となじみやすく適合性が良い
  • 耐久性があり2次むし歯になりにくい
  • 金属アレルギーになりにくい
目立つ所をカバーできる 保険適用
欠点 強い衝撃で割れることがある
  • 強い衝撃で割れることがある
  • 歯を削る量が多い場合がある
  • 口を大きく開けた時金属が見える
  • 金属アレルギーになる可能性がある
  • 多少の変色がある
  • 色が目立つ
  • 金属アレルギーになる可能性がある
  • ゴールドと比べて2次むし歯になりやすい
お勧めできない方
  • 歯の状態があまりよくない方
  • 金属アレルギーの方
  • 噛みあわせの強い方
  • より自然に見せたい方
  • 長期間白さを保ちたい方
  • 金属アレルギーの方
  • 噛みあわせの強い方
  • 自然に見せたい方
  • 金属アレルギーの方
料金(税込) ¥77,000
(形成・仮歯・印象・SET含む)
¥59,400~70,200
(形成・仮歯・印象・SET含む)
¥33,600
(形成・仮歯・印象・SET含む)
490~503点
歯の土台を
選択できます
種類 ファイバーコア メタルコア
特長 衝撃を和らげ
歯の根が破折
しにくい
ファイバーコアと比べると
歯の根が破折する
可能性が高い
料金
(税込)
¥21,600
(印象・SET含む)

PDFで詳しくみる

ノンクラスプデンチャー

金具を一切使わない部分入れ歯であり(金具との併用も可能)、素材は柔らかく大きく曲げても割れにくいです。

また金具を使わず、素材は歯茎と同じピンク色なので、装着していても目立たないのが特徴です。

ノンクラスプデンチャーは金具を使わないため、 パッと見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないため、 審美的に非常に有効です。

また非常に軽くて、柔らかく、装着中も普通の入れ歯と比較して違和感が少ない。

かといって、落としても入れ歯が割れることも少なく、少し手荒に扱ったり、ゴシゴシ磨いたりしても壊れることが少ないのも長所と言えましょう。

ノンクラスプデンチャーは装着感もよく、 審美的にもすぐれた入れ歯ですが、一方でその素材の寿命は意外に短いです。
また全ての人に入れることができるわけではないので、気になっている方は当院で一度ご相談ください。

ページトップへ