むし歯治療

虫歯(むし歯)とは、ミュータンス菌などのむし歯病原菌が口の中の砂糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面が溶かされる病気です。最近では、PHの低い炭酸飲料やソフトキャンディ―により直接歯が溶かされる酸蝕症が多いようです。

そのため、一般的に完全に穴のあいた虫歯では、むし歯病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分を詰めたり、かぶせ 物をしたりして治療します。

麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布して、麻酔液をゆっくりと注入したり、細い麻酔針を使用するなど、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。

むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

C1:エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。

痛みがなく、ついつい放っておきがちですがまだ削らずに間に合う段階です。

実質欠損のない歯面の白濁程度なら削らず、甘食コントロール、フッ素洗口、塗布で再石灰化を期待し経過観察をし、シーラントを行います。

C2:象牙質に達した虫歯

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。

小さければ合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やハイブリッドの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

つめもの(インレー)の種類を選びましょう

治療法は次のような物があります。

  ハイブリッド ゴールド 金銀パラジウム合金

写真

特長 自然に治したい!方におすすめ 歯にとって一番良い方法
大きなむし歯・奥歯におすすめ
健康保険が適用できる
利点 色が白く目立たない
金属アレルギーにならない
歯となじみやすく適合性が良い
耐久性がある
歯が変色しない
2次むし歯になる可能性が低い
金属アレルギーになりにくい
保険適用
欠点 強い衝撃に弱い
多少の変色がある
色が目立つ 色が目立つ
材質が硬めで変色しやすい
ゴールドと比べて2次むし歯になりやすい
金属アレルギーになる可能性がある
お勧めできない方 噛みあわせの強い方
奥歯
大きなむし歯
自然に見せたい方 自然に見せたい方
噛む力が強い方
金属アレルギーの方
料金(税込) ¥27,000
(形成・印象・SET含む)
¥27,000~43,200
(形成・印象・SET含む)
535~781点

>> PDFで詳しくみる >>

 

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

激しい痛みがまだない場合〈神経の炎症がまだ起こっていない場合〉は、お薬を用いて3カ月経過をみて歯髄を取らず比較的小さな詰め物で処置を行う場合が多いです。

虫歯が象牙質の内側の歯髄に達し、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴い歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。

また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。

前歯のかぶせ物の種類を選びましょう

治療法は次のような物があります。

  メタルボンド オールセラミック プラスチック前装冠

写真

特長 歯への負担をできるだけおさえて自然にみせたい!方におすすめ 一番自然に見える方法 健康保険が適用できる
利点 白くて自然・ほとんど変色しない
2本以上の固定歯可能
歯垢がつきにくい
自然で透明感のある白い歯
歯がほとんど変色しない
金属アレルギーにならない
歯垢がつきにくい
保険適用
2本以上の固定歯可能
欠点 強い衝撃で割れることがある 強い衝撃で割れることがある
歯を削る量が多い場合がある
2本以上の固定歯不可能
数か月~数年で黄色く変色する
歯垢がつきやすい
金属アレルギーになる可能性がある
お勧めできない方 歯の状態があまりよくない方
金属アレルギーの方
歯の状態があまりよくない方 自然に見せたい方
長期間白さを保ちたい方
金属アレルギーの方
料金(税込) ¥81,000
(形成・仮歯・印象・SET含む)
¥129,600
(形成・仮歯・印象・SET含む)
2572点
歯の土台を選択できます
(ファイバーコアかメタルコアをお選びください)
種類 ファイバーコア メタルコア
特長 衝撃を和らげ、歯の根が破折しにくい ファイバーコアと比べると歯の根が破折する可能性が高い
料金(税込) ¥21,600
(印象・SET含む)

>> PDFで詳しくみる >>

 

臼歯のかぶせ物の種類を選びましょう

治療法は次のような物があります。

  メタルボンド ゴールド 前装冠 金銀パラジウム

写真

特長 白くて自然にみせたい!方におすすめ 歯にとって一番良い方法 目立つ部分だけ白く見せたい方におすすめ 健康保険が適用できる
利点 白くて自然・ほとんど変色しない
裏側に金属使用の為ある程度耐久性あり
歯垢がつきにくい
歯となじみやすく適合性が良い
耐久性があり2次むし歯になりにくい
金属アレルギーになりにくい
目立つ所をカバーできる 保険適用
欠点 強い衝撃で割れることがある 強い衝撃で割れることがある
歯を削る量が多い場合がある
口を大きく開けた時金属が見える
金属アレルギーになる可能性がある
多少の変色がある
色が目立つ
金属アレルギーになる可能性がある
ゴールドと比べて2次むし歯になりやすい
お勧めできない方 歯の状態があまりよくない方
金属アレルギーの方
噛みあわせの強い方
より自然に見せたい方
長期間白さを保ちたい方
金属アレルギーの方
噛みあわせの強い方
自然に見せたい方
金属アレルギーの方
料金(税込) ¥81,000
(形成・仮歯・印象・SET含む)
¥48,600~59,400
(形成・仮歯・印象・SET含む)
¥34,560
(形成・仮歯・印象・SET含む)
1,282~1,443点
歯の土台を選択できます
(ファイバーコアかメタルコアをお選びください)
-
種類 ファイバーコア メタルコア
特長 衝撃を和らげ、歯の根が破折しにくい ファイバーコアと比べると歯の根が破折する可能性が高い
料金(税込) ¥21,600
(印象・SET含む)

>> PDFで詳しくみる >>

 

C4:歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。

わずかな根が残っているだけでも根管治療が可能なら抜歯せず、補綴することが可能です。当院では自費、保険にかかわらず分割コアも必要なら行っています。

分割コア

但し、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。

抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

入れ歯の種類を選びましょう

治療法は次のような物があります。

  ノンクラスプ義歯 金属床義歯 プラスチック義歯

写真

特長 入れ歯だと気づかれにくくしたい!方におすすめ 丈夫で違和感をできるだけおさえたい!方におすすめ 健康保険が適用できる
利点 バネがないので入れ歯だと気づかれにくい
違和感が少なく、装着感もよい
うすいため違和感が少ない
割れにくく、変形しない
他のタイプよりしゃべりやすく汚れが付きにくい
食べ物の熱が伝わる
硬いため安定した噛み心地になる
保険適用
調整が容易
欠点 定期的に作り変える必要がある(3年程) 金属アレルギーになる可能性がある
補修が行いにくい
バネが目立つ
口の中の違和感が大きい
精度を高く作るのが難しい
バネが目立つ 割れやすく耐久性が低い
食べ物の熱が伝わらない
素材 ナイロン 金属床にコバルトクロムを使用
料金(税込) ¥81,000(基本料金)
¥21,600(クラスプ1本) 
¥172,800

1,744~3,519点
(部分入れ歯から総入れ歯)

※安定感は失った歯の本数、場所、歯ぐきや歯槽骨などのお口の中の状態によって異なります。
※お口の中の状態によってはアタッチメント義歯も選択できます。ご相談ください。
※保険で新しく作った入れ歯は6ヶ月間、再度保険を使って新たに作り直すことができません。

>> PDFで詳しくみる >>

 

虫歯治療全般のリスク、デメリット

  • ・虫歯治療は基本的に、虫歯になって柔らかくなった部分を削り取って、セラミック、樹脂、金属で置き換
     えて修復するというもので、歯が元通りに再生するわけではありません。
  • ・歯は削つた分だけ確実に小さくなって行きますので、その繰り返しにより歯の歯髄に近づきますので知覚
     過敏や歯髄炎で神経を除去する必要が生じることがあります。
  • ・歯髄を除去した歯は枯れ木のように生木とは違い脆く割れやすくなります。
  • ・歯が割れると抜歯をして高価なインプラントやブリッジあるいは異物感のある義歯の装着が
     必要になります。
  • ・歯を削ることによって可能となる有益性がデメリットを上回る場合のみ歯を削る治療を行うのが
     基本です。
  • ・歯をきれいにしたいということで歯を削ることにより、歯が割れて抜歯が必要になったら本末転倒です。