ドクター・スタッフ

あせい歯科院長 阿瀬井 宏成

昭和60年3月 愛知学院大学歯学部卒業
昭和60~63年 朝日大学歯学部PDI岐阜歯科診療所勤務
昭和63年4月~平成2年10月 上谷歯科医院勤務
平成2年11月~ 氷上町市辺にてあせい歯科開業
  日本口腔感染症学会、国際歯周内科学研究会所属

口腔外科担当 板東 泰博

昭和59年3月 徳島大学歯学部卒業
昭和59年4月~63年3月 徳島大学歯学部 大学院博士号取得
昭和63年4月~平成7年3月 徳島大学歯学部口腔外科勤務
平成7年4月 柏原日赤病院歯科勤務
平成9年8月 柏原日赤病院歯科医長
平成12年7月~ 板東歯科顧問
平成13年1月~ あせい歯科口腔外科担当

矯正歯科担当 山本 敬子

平成14年3月 日本大学歯学部卒業
平成14年4月~15年3月 大阪大学歯学部研修医
平成15年4月~19年3月 大阪大学歯学部大学院、博士号取得
平成20年9月~現在 日本矯正歯科学会認定医取得

訪問歯科、訪問口腔ケア担当 高橋 由美子

平成1年3月 大阪大学歯学部卒業
平成1年6月 兵庫医科大学歯科口腔外科研修医
平成15年1月~ 柏原日赤病院勤務、医長
平成27年1月~ 柏原日赤病院歯科部長
令和1年5月~ あせい歯科 訪問歯科担当

 

あせい歯科のスタッフ構成

歯科衛生士6名、歯科助手2名、歯科技工士1名、衛生管理スタッフ2名

~すべての患者さんが「一生自分の歯でおいしく食事できること」~

このたびはホームページをご覧いただき、ありがとうございます。院長の阿瀬井です。

私たちが日頃から心がけていることや、皆さまへのお願いなどをメッセージにしました ので、お時間がございますときに是非お読みください。

本当にいい歯医者さんって何だろう!?

さて、突然の質問ですが、みなさんにとって「いい歯科医院」とはどんな病院ですか?
痛くない・やさしい・家から近い…。これらもとても大切なことですよね。ですから、私たちも全力で取り組んでいます。

しかし、本当の「いい歯科医院」は、これだけでは十分ではないと私たちは思っています。どんなに痛くなくて、どんなに便利な歯科医院でも、それは「そのときだけの良さ」でしかないと思います。

本当に私たちが目指しているのは「すべての患者さんが、一生自分の歯でおいしく食事できるように、できる限りのサポートをすること」だと考えています。

自由に食べられないことの悲しさ

「食べる」という行為は、とても大切な生きる楽しみの一つだと思います。もし、固いものが食べられなくなってしまったり、味がしなくなってしまったら、これほど悲しいことはないと思います。

「食べたいものを自由に食べて、よりよい人生を送っていただきたい!」

少し大げさかもしれません。しかし、私たちはそのような気持ちで、皆さんの歯を一生守っていくお手伝いをしたいと心から考えています。これは私たちスタッフ全員にとって、大切な仕事のやりがいでもあります。

歯を守るために大切なこと

しかし、歯を守るといっても、どうしても、私たちだけの力では限界があります。やはりいつまでも歯を守っていくためには、皆さんが少しでもご自身の歯に関心をもっていただき、治療の方法や、日ごろのケアにも気をつけていただく必要があります。

そのため、私たちはできるだけ皆さんにご自身の歯について興味をもっていただけるように、ご自身のお口を確認しながら、現在どうなっているのか、また、将来どこにどんな不安があるのかをご説明していきます

さらに、治療に関しては、再発リスク・耐久性・身体への影響・美しさなど、一般にあまり知られていないような、さまざまな違いがあります。

ですから、これらをできる限りわかりやすく説明させていただき、お口の将来や費用面などを考慮して、いろいろなご提案をさせていただきます。説明は何度でもさせていただきますので、じっくり考えていただき、十分にご納得いただいた上で治療方法を選んでください。

私たちからのお願い

このように、私たちの医院は多少説明が多いかもしれません。しかし「とりあえず今痛いところを治してそれで終わり。また悪くなったら通院」を繰り返していると、一生自分の歯でおいしく食事することがどうしても難しくなってしまいます。実際、いらっしゃるたびに悪化するお口を見ると、私たちもとても辛くなります。

私たちが目指すのは「通院するすべての患者さんが、一生自分の歯でおいしく食事できること」です。そのために、多少の時間はかかってでも、最低限のご説明だけはさせていただきたいと考えておりますので、どうかご理解よろしくお願いいたします。