顎関節症講演会

2016/ 5/22 12:40

2016/ 5/22 12:48

2016/ 5/22 12:48

顎関節症は

咀嚼筋、関節、関節円板に問題を起こす多因子疾患と言われています。かみ合わせ、顎の形態、習慣性の歯牙接触癖、機能的原因、心身的問題に起因していると考えられています。研修会で学んだことを臨床で応用できるように頑張りたいと思います、

あせい歯科 院長 阿瀬井宏成

  カテゴリ:口腔外科, 歯ぎしり, 生活習慣