歯科健診

 6月の木曜日は担当になっている学校の歯科健診に行きました。昨年と同様に飴やソフトドリンクによる酸蝕症の生徒さんが多かったようです。

砂糖は依存性があります。習慣的摂取により虫歯をつくります。

丹波市のこども医療は15歳までは自己負担がありません。中学3年生までに将来大人になっても虫歯や歯周病にならないようにかかりつけの歯科医院で予防処置を受けるのと同時に、しっかり予防法を教えてもらって自分で理解し、将来もずっとその知識を自分の物にすることが必要です。

あせい歯科院長 阿瀬井宏成

  カテゴリ:小児予防歯科, 歯周病, 生活習慣, 虫歯