「歯を活かしきる歯科臨床」

CIMG309511月15日柏原住民センターにて丹波歯科医師会、篠山歯科医師会合同で歯科医師対象の学術講演会が開催されました。東京歯科大卒、現在東京で開業されている押見先生が来丹されました。100人中99人の歯科医師が抜歯と診断する歯であっても、それがキートゥースであれば、それがだめであっても、あらゆる技術を駆使して保存することに挑戦するという内容でした。明日からの臨床にとても意味のあるヒントを頂けるこの講演会に参加でき、大変有意義な週末でした。  院長 阿瀬井宏成

CIMG3096

  カテゴリ:歯周病, 虫歯